第75回日本プロゴルフ選手権大会 大会概要

名  称 第75回日本プロゴルフ選手権大会 (2007)
主  催 社団法人日本プロゴルフ協会
後  援 文部科学省、沖縄県、名護市、恩納村、日本テレビ放送網株式会社、金秀グループ、喜瀬カントリークラブ
特別協力 沖縄タイムス社、琉球新報社
協  力 社団法人日本ゴルフ用品協会
運営協力 株式会社ダンロップスポーツエンタープライズ
開催期日 平成19年5月7日(月)  指定練習日
平成19年8日(火)  指定練習日
平成19年9日(水)  指定練習日
平成19年10日(木)  第1日(予選ラウンド)
平成19年11日(金)  第2日(予選ラウンド)
平成19年12日(土)  第3日(決勝ラウンド)
平成19年13日(日)  最終日(決勝ラウンド)
平成19年14日(月)  予備日
会  場 喜瀬カントリークラブ   рO980−53−7575
〒905-0026    沖縄県名護市字喜瀬1107-1
賞  金 総額 ¥130,000,000  優勝 ¥26,000,000
出場選手 156名
出場資格
過去10年間の日本プロゴルフ選手権大会、日本オープン選手権の優勝者。
過去5年間の日本プロマッチプレー、フィランスロピー、日本シリーズの優勝者。
各国のPGAチャンピオンシップのチャンピオンでPGAツアー競技管理委員会の了承した者。
2006年全米クラブプロ選手権大会の優勝者。
2006年日本プロゴルフシニア選手権大会の優勝者。
2006年日本プロゴルフ選手権大会の成績上位15位以内者。
直近のJGTトーナメントで成績上位5位以内者。
2006年JGTマネーランキングシード権取得者。
2006年日本プロから2007年日本プロ前週までのJGT(ツアー競技)優勝者。
2006年度チャレンジ競技賞金ランキングによるJGTOシード権を有する5名。
2006年日本プロゴルフ新人選手権大会優勝者。
2006年PGAティーチングプロ選手権大会優勝者。
2006PGA資格認定プロテスト第1位者。
2006年後援競技優勝者
2007年度日本プロゴルフ選手権大会予選会上位者。
PGA特別承認者
欠場者による欠員が生じた場合は日本プロゴルフ選手権大会予選会より繰り上げる。
競技方法 72ホールストロークプレー(各日18ホールの4日間)前半36ホールを終了し上位60位タイまでの者が後半36ホールへ進出する。72ホールが終了し、1位にタイがあった場合は委員会の指定するホールにおいてサドンデス方式によるプレーオフを行い優勝者を決定する。
5月13日(日)までに72ホールを終了できなかった場合は5月14日(月)の予備日を使用する。又、予備日を使用してもなお72ホールを終了できなかった場合は競技を短縮する。
競技規則 本競技は、(財)日本ゴルフ協会ゴルフ規則・(社)日本プロゴルフ協会競技の条件及びローカルルールを適用する。
Copyright(C) 1999-2007 The Professional Golfer's Association of japan.