第74回 日本プロゴルフ選手権大会 主催:社団法人 日本プロゴルフ協会 PGA TOUR
Contents TOP 大会のご案内 大会速報 出場選手情報 過去の大会
大会速報 成績速報 最新レポート 各日の組み合わせ表 各日の成績 ホールガイド ホールロケーション フォトギャラリー
最新レポート
今大会の見どころ  5/11(THU)1st Round  5/12(FRI)2nd Round  5/13(SAT)3rd Round  5/14(SUN)Final Round
5/14(SUN) Final Round

第74回日本プロゴルフ選手権大会
最終日
5月14日
谷汲カントリークラブ(7,003ヤード、パー72)
岐阜県揖斐郡揖斐川町
参加選手:67人
賞金総額:1億1,000万円
(優勝賞金:2,200万円)
天候:はれ
気温:21度
風:北西5メートル
ギャラリー:7,586人

 

 今季最初のメジャー、第74回日本プロゴルフ選手権大会は、28歳の近藤智弘がプレーオフで51歳の友利勝良を下し、プロ7年目での初優勝をメジャー制覇で飾った。5年のシード権も獲得した。首位に4打差3位タイでスタートした近藤は5バーディー、2ボギーの3アンダー、69。68の友利と通算10アンダー、278で並び、プレーオフ1ホール目に友利がパーパットを外して決着がついた。前日3打差単独トップで日本プロ初優勝を目指した谷口徹は3バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの74とスコアを落とし、通算9アンダー、279で片山晋呉とともに3位タイに終わった。

 谷汲コースの″アーメンコーナーともいわれた16、17、18番の上がり3ホール。近藤も友利もここで2ボギーをたたいて単独トップでの逃げ切りに失敗した。しかし、終わってみれば2人が揃って10アンダーのトップ。まさにサバイバルで生き残った2人のプレーオフという珍しい対決になった。その難ホールの18番(480ヤード、パー4)。友利はフェアウエーから5Wでピンへ真っ直ぐ狙ったがグリーンを転がって奥のラフにオーバー。これを見た右セミラフからの近藤は7Wでこれもグリーンをオーバーして奥のグリーンエッジへ。寄せの勝負となって友利の巧いチップがカップをするすると3メートルオーバー。「友利さんのアプローチが速かったので参考になった。僕も先に打ったらああなったと思う」と近藤。SWでソフトに転がした寄せはカップ30センチに止ってパー。友利のパーパットが左に外れて勝負がついた。
 天才肌のゴルファーといわれて7年目。勝ちそうな試合は数々あった(2位は6回)が、近藤に「優勝」という2文字は遠かった。「やっと勝てたという気持ちですね。うれしいです」TVのマイクを差し出された近藤の目には熱いものがうるんでいた。「今週はショートアイアンが特によくて前半の9ホールで稼げたのがよかった。16番からの3ホールが難しいですからね。でもきょうは逃げないで強い気持ちでこの3ホールも攻めての2ボギーですからいいと思う。この強い気持ちを持ってゴルフができるようになったのが最近の僕の一番変わったところです」
 構えたらあっという間に打ってしまう。スイングテンポも誰よりも素早い。「それもよく人からいわれました。だから勝負のショートパットを外すんだとね」。しかし、早打ちだからミスするのではなくて、精神面で弱いからポカが出るのだとそれを改められるようになった近藤が今年の姿なのだ。
 青山充コーチとの付き合いももう6〜7年になる。ドローからフェードに変え「45インチと長くして飛距離を求めていたのも今年は44.25インチに下げてミート率を上げるようにしている」という。パターも中日クラウンズから「マレット型の2ボール」に 代えて成功した。「でも何よりも強い気持ちでゴルフができて結果が出たことが一番です。これから先の自信にもなった。やっと弱かった自分に勝ったのです」と何度も同じことを繰り返した。
 0勝2敗と勝てなかったプレーオフにも初めて勝った。現20代の選手で公式戦タイトルを手にしたのも近藤が初。ツアー施行後、初優勝がメジャーの日本プロは加瀬秀樹(90年)、合田洋(94年)に次いで3人目。やっと若き小兵・近藤に大きな花が咲いた。

近藤選手のスイング動画、優勝決定シーン、表彰式の動画はこちら >>



主な選手のコメント
友利 勝良 (Today:−4  Total:−10)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN TTL
33 35 68

暗い雰囲気やね。何も言うことないね(苦笑)
3番と6番で1クラブくらいのバーディパット外してるんで、最初にそういうのを決めとけばもう少し楽にできましたね。
言い訳ですね。(笑) プレーオフは、近藤君が18番のセカンドを右に打った時にひょっとしたらあるかもしれないと思いました。
プレーオフのアプローチは、自分では結構いい感じで打ったんですけど、見た目より傾斜がきつくて、1ピン以上オーバーしてしまいました。下手ですわ・・・
残念!ヤケ酒でも飲みますわ(笑)


友利選手のスイング動画はこちら >>

片山 晋呉 (Today:−3  Total:−9)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN TTL
34 35 69

今日は自分で盛り上がって、面白いゴルフでした。
上を見てどれだけやれるかがんばりました。今日は勝つ為に何か足りなかったですね。いいゴルフをしてたんだけど・・・
もったいなのが何回かありましたし、勝てなかったのは15番が全てですね。
今日もバーディ取れなかったし、4日間全部ダメ!15番が全てですね。

谷口 徹 (Today:+2  Total:−9)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN TTL
38 36 74

結果、13番の池ポチャが全てでしたね。ナイスボギーだったんだけど、ボギーじゃダメ。13、14番で突風が吹いて、取れなかったのが痛いです。出だしのダブルボギーは「面白くしたな」と気にしませんでした。ドライバーの調子が悪いので、その辺を調整して、また、近いうちに。


谷口選手のスイング動画はこちら >>



第74回 日本プロゴルフ選手権大会
Copyright(C)1999-2006 The Professional Golfer's Association of Japan