’99年日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯
マッチプレー初体験の小山内護が初優勝、5年シード獲得
-99日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯-
 
マッチプレー初体験の小山内護が初優勝、5年シード獲得  '99年日本プロゴルフ選手権プロミス杯は9月2日から4日間、北海道苫小牧市のニドムクラシックコース・ニバスコース(6,941ヤード、パー72)で32選手が参加して行われ、”マットプレー初体験”初出場の小山内護が前半5アップの優位を守り、谷口徹を4-3で下し、91年の東聡以来5人目となる初出場優勝を達成した。3位決定戦はデービッド・イシイが延長6ホール目、通算24ホールの大会最長延長タイ記録で渡辺司を破った。
 
尾崎直道選手
▲小山内護選手
 
優 勝 小 山 内 護
所 属 GMA
生年月日 1970年6月19日
身 長 177cm 体 重 85kg
出 身 地 東京都
優 勝 2回('73以降ツアー2勝)
 
対戦成績へ 試合結果へ