TPCシニアトーナメント(上原宏一がシニア2勝目)

大会8年ぶり、ルーキー優勝 参戦1年目の上野忠美が初優勝

上野忠美選手
▲上原宏一選手
 
優 勝 上 原 宏 一
所 属 グリーンヒルCC
生年月日 1948年12月9日
身 長 172cm 体 重 69kg
出 身 地 静岡県
優 勝 11回、シニア2回

 「HTBシニアで小林(富士夫)さんにプレーオフ負けしていたので、2回続けて負けるのは嫌だなと思っていた。プレーオフでバーディー(7メートル)で決着がついたが海老原さんが第1打をミスして、パーパットを外したあとのパットだったから入ったようなもので、入れなきゃいけないというような場面だったらどうだったか。今日のラウンドでは前半を3オーバーでターンして、16番まで4オーバーだったから駄目だと思ったが、17番でトップが4オーバーくらいだと聞いて、なんとか残り2ホールをパープレーであがろうと思った。それまで同じ組の海老原さんのスコアさえ知らなかった。米シニアツアーの最終予選出場が決まって、気持ちにはりがあったのが良かったのかもしれない。米シニアの予選ではアイアンが悪かったが、この試合で村井(進)さん達に教わって良くなってきた。米国の最終予選には日本から9人が参加するので誰か一人でも通過して話題作りに貢献したい」

試合成績・結果一覧表を見る