pga_logo_color_2.jpg 
 米国男子ゴルフメジャー大会のマスターズ・トーナメントは11日、オーガスタ・ナショナルゴルフクラブで最終ラウンドが行われ、唯一日本人選手として出場していた松山英樹選手が通算10アンダーで優勝し、メジャー初制覇という快挙を達成。アジア人としてのマスターズ初優勝で、PGAツアーでは通算6勝目を挙げた。

◇ 優勝に寄せたPGA倉本昌弘会長コメント ◇

松山選手、マスターズトーナメント優勝おめでとうございます。
日本中のゴルファーが待ち望んだ瞬間がついに来たという感じです。
私も一人のゴルファーとして、そして松山選手も在籍する日本プロゴルフ協会の会長として、心からの賛辞と敬意を表したい思います。
松山選手の実力なら、この勝利は通過点だと思いますので、7月のオリンピックでは金メダル、さらにはメジャー2勝目、3勝目を期待したいと思います。
松山選手のさらなる活躍をお祈りしてお祝いの言葉とさせていただきます。