68歳以上のプロゴルファーが競う、関東プロゴルフゴールドシニア選手権大会が7月14日、箱根湖畔ゴルフコースで開催された。梅雨前線の影響を受け、スタート時間を遅らせ朝10時30分から88名の選手が参加。今年68歳を迎える福沢孝秋(67)が4アンダーでホールアウトし、2016年に同コースで開催された関東グランド優勝に続いて、嬉しいゴールドデビュー戦を優勝で飾った。
◆関東ゴールド成績は こちら>>

◇大会記事は こちら>>