私、三觜喜一の第2回活動レポートは!!
今回は私がいつも一緒に勉強しているチームのメンバーをご紹介します。


ティーチングアワード 森守洋コーチ【拡大写真】

森守洋コーチ 
原江里菜プロのコーチとして有名な森さんは、他にも数多くのツアープロのコーチを担当し、そのティーチング力、そして究極のレッスンを目指す探究心は私が最も尊敬するコーチです。
東京ゴルフスタジオ主宰〜








常盤仁トレーナー
数多くのツアープロのコンディショニングやトレーニングを担当しています。
私の弟子達も身体を見て頂いています。
ゴルフのスイング作りに於いて、技術やクラブの使い方を教える事も大切ですが、良いスイングを身につけるには、やはり身体が正しく動けるようになる事が必須です。
常盤さんの指導を受けると、今まで動けなかった身体がどんどん動くようになり、結果として良いスイングを身につける事が出来ます。






ティーチングアワード 高野裕正トレーナー【拡大写真】
 

高野裕正トレーナー
アメリカで運動学の学士、修士課程、そして就労を経て、帰国後は、ゴルフの現場を中心にパーソナルトレーナー、スポーツセラピストとして活動。
TPIの最高位プログラムを3つ修了。
常盤トレーナーと同様に身体のスペシャリストです。
今年から私のジュニアレッスンのトレーニングを担当して頂こうと思っている方です。




私を含めこの4名のメンバーで、常に指導力向上を目指し、研究し勉強しています。
今年から『Golf Performance Management』というチーム名で私達の指導方法についてのセミナー等を開催したいと思っています。

これからのレッスンはプロの感覚や主観だけでは無く、我々プロゴルファーがより専門的な身体の知識を身に付けなければならないと思います。

次回の活動レポートからは、少しずつGolf Performance Managementのレッスン方法などを紹介出来ればと思います。