ティーチングプロ情報
ティーチングプロ情報:2006年ティーチングプロ情報
2007年ティーチングプロ情報 PGA認定ゴルフスクール 指導教材

ティーチングプロB級の資格取得までの流れ

下記の募集要項(PGA有権会員からの推薦は受講資格Cに該当)を良くお読みの上、お電話にてお申し込みください。


ティーチングプロB級募集要項

講習時間 B級講習会240時間(25日間) 入会セミナー15時間(2日間)※予定
講習編成 B級講習会(※注1
前期(1、2、3、4学期)16日間
後期(1、2学期)9日間
入会セミナー 2日間
申込定員 100名
申込年齢 申込年度に満20歳以上に達する者
受講資格 1.東日本ゴルフ場地区研修会または、静岡県ゴルフ場協会研修生として3年間以上登録したもので、連盟、協会が推薦する者。
2.西日本地区のゴルフ場の研修生でプロテスト生として3年以上登録した者。
3.全日本ゴルフ練習場連盟及び、京都ゴルフ練習場協会に3年以上登録した者で、連盟、協会が推薦する者。
4.ゴルフ場または、ゴルフ場練習場においてPGA有権会員(トーナメントプレーヤー資格取得者またはティーチングプロA級資格取得者)のもとで3年以上の研修を経ていて、その会員が推薦する者。
5.PGAトーナメントプレーヤー会員
6.日本女子プロゴルフ協会が推薦する者
7.上記以外でPGAが特別に認めたもの
受講者の選定
  1. 書類審査(2008年4月)
  2. 実技審査(2008年5月)
    実技審査の合格基準は2R(36ホール)のスコアが158ストローク以内の上位100位タイまでの者
  3. 面接審査(注2
  4. 筆記試験(注2
審査料 1.書類審査料 5,250円(消費税込)
2.受験料  52,500円(消費税込)(注3
講習会受講料

609,000円(消費税込) ※前、後期分
前期 383,250円(消費税込)  後期 225,750円(消費税込)
※前、後期それぞれの講習会受講前に納付となります。

書類受付締切 2008年3月10日(月) ※必着
※PGA有権会員からの推薦者の受付は、2008年2月29日(金)までに推薦する会員が電話で資格認証部までお申込下さい。受講申込提出書類は推薦した会員に送付いたします。

2008年度
変更点
・申込年齢について

「申込年度に満20歳に達する者」に2007年度より変更となりました。
・受講定員について
座学及び、実技実習時の受講者数を減し講義の受講効果の向上を図るため、受講定員を100名としました。(2008年度より実施)
・推薦人数2名の撤廃について
受講資格1〜4及び、7においてPGA会員(有権会員)が推薦できる人数は、1回の募集につき2名まででしたが、2007年度より撤廃となりました。
・実技審査の再審査について(2007年度より実施)
ティーチングプロテスト実技審査が終了した時点で、合格者が90名に満たない場合、実技審査不合格者に対し、再審査を実施する予定です。実施する場合、6月上旬頃にご案内いたします。
※実施時期は、2008年7月(予定)

・筆記試験について筆記試験の基準点にみたない者に対しての再試験は行わず不合格者となる。
但し、2009年度ティーチングプロB級受講希望者は、2009年度に限り実技審査免除とする。

注1: B級講習会の前期1学期は2009年1月下旬頃を予定しており、入会登録は2010年1月の予定です。
注2:

実技合格者に対して、実技審査が終了した2008年10月(※予定)に面接審査と筆記試験を実施します。
※筆記試験の基準点は2科目合計60点以上(100点満点)の基準点を満たさない場合不合格者とする。
但し、2009年度ティーチングプロB級受講希望者は、2009年度に限り実技審査免除とする。

注3: 受験料はティーチングプロの実技審査及び面接審査・筆記試験の審査料ですのでトーナメントプレーヤー資格取得を希望する場合は、別途トーナメントプレーヤーの受験料として、プロテスト受験料を支払う事となります。従って、ティーチングプロとトーナメントプレーヤーの両資格取得を希望する場合 は、TPとTCPの両方の受験料を支払う事となります。(プレー代は別途)
 

TPとTCPの両資格取得を希望する場合は、受験申し込みもそれぞれ別途行う必要があります。

2005年ティーチングプロ情報 PGA認定ゴルフスクール 指導教材