平成22年度 三重県オープンゴルフ選手権



平成22年度 三重県オープンゴルフ選手権競技が8月5日6日の両日にわたりメナードカントリークラブ青山コースで開催され、当会員の 井上 優(世古口建設)君がプレーオフの熱戦の末見事優勝いたしました。またベストアマには同じく当会員の 藤井 広文選手が昨年に続き見事2連覇を達成されました。
 大会当日は例年にないほどの猛暑に加え深いラフとトリッキーなコースに多くのプレーヤーが苦戦する中、初日は井上 優選手が67のコースレコードで2位の選手に3打差をつけ抜け出しました、最終日はもうひとつ波に乗れない井上選手を岸本浦口の両選手が猛追、一時は岸本選手が一歩抜け出す展開となりこのまま逃げ切るかと思れましたが、18番で痛恨のボギーとし、この日手堅くパープレーにまとめた井上選手とのプレーオフにもつれ込みました。 プレーオフは1番2番ホールの繰り返しで行われることに成りましたが、プレーオフの1ホール目先に打った岸本選手がこの日好調のドライバーショットを左の林に曲げ不利な展開に、一方の井上選手はティーショットをフェアウェーのセンターに運び岸本選手の2打目以降の展開を見守る形となりましたが、結局3打目もミスをしてボギーの岸本選手に対し手堅くパーにまとめた井上選手が見事第32回の三重県オープンゴルフ選手権の優勝者となりました。

優勝した井上選手のコメント
 表彰式が終わって「本当に嬉しいです、とくに妻には苦労掛けてましたからいいプレゼントができたかな?」「18番でバーディーが取れなかったとき、負けた。と思いましたがプレーオフと聞いて儲かった気分、よしまだやれるって!本当に優勝できて嬉しいです。」愛子を抱きかかえ仲間から祝福の握手に満面の笑みで喜びをかみしめていました。井上選手の益々の活躍をお祈りします。

ローアマ2連勝の藤井選手のコメント
 「今日は調子良かったです。」15番でバーディーをとって楽勝ムード、ところが17番でティーショットを池に入れダブルボギー ゴルフは何が起こるかわからないここで気を引き締め「もう一度表彰台の一番上に上がるんだ!」そんな気持ちでプレーしました。
「とにかく優勝できて嬉しいです。」
藤井選手の益々の活躍をお祈りいたします。



平成22年度 第32回 三重県オープンゴルフ選手権競技 成績表
優勝 井上  優(世古口建設) 139ストローク(67・72)
2位 岸本 翔太(グリーンヒル関) 139ストローク(70・69)
3位 浦口 裕介(フリー) 141ストローク(71・70)
4位 野波 弘一(ローモンド) 144ストローク(75・69)
4位 井上 直彦(SC 松阪) 144ストローク(75・69)
4位 豊田 邦裕(鈴鹿CC) 144ストローク(74・70)
4位 辻村 暢大(伊勢大鷲) 144ストローク(74・70)