神奈川県プロ会とは

     歴史と伝統のある名門ゴルフ場を多く有する神奈川県は、1957年のカナダカップで団体優勝をし、日本のゴルフブームの牽引役となった小野光一プロ、中村寅吉プロを筆頭にその後も河野高明、河野光隆兄弟などの日本ゴルフ界に多くの功績を残した名選手を多く輩出してきました。
     神奈川県プロゴルフ会は、県内在住の日本プロゴルフ協会(PGA)の協会員が中心となり、各ゴルフ場と協力の上、アマチュアゴルファーとの交流やジュニアゴルファー育成などの活動に取り組み、またHPでは登録プロ・イベント情報・活動報告等を公開更新し、多くの皆様に活動内容のご理解、ご賛同いただけますよう努めて参ります。

    神奈川県プロゴルフ会
    会長 丸山仁義

活動報告

2016年3月22日(火)

2016神奈川県シニアオープンゴルフ選手権

三寒四温でようやく春の雰囲気が出てきたこの日、戸塚カントリー倶楽部東コース(Par72,6614Y)にて県外プロを含めたプロ91名、アマチュア31名、計122名の参加で行われた。晴天やや風のあるコンディションだったが、コンパクションが硬く止まらないグリーンに選手達は苦しめられた。
そんな中、芹沢大介(成田ヒルズ)と真板潔が72ストロークにまとめプレーオフの結果、芹沢大介が勝利した。
優勝者には8月開催の「ファンケルクラッシック2016」の本戦出場権、そして、 神奈川県プロ会最上位者には「ノジマチャンピオン箱根シニアプロゴルフトーナメント」への出場権が与えられ、ファンケルには芹沢、真板はシード選手の為3位の鳥海博文に贈られた。
ローアマには75ストロークでエイジシュートを達成した白井旭が輝いた。
3月30日〜4月1日に行われるシニアツアー最終予選会にも多くの県内プロが出場し、2016年の神奈川県シニアの盛り上がりを感じさせる大会となった。














>>入賞者・成績表一覧
>>神奈川新聞掲載記事

2015年10月13日(火)

2015神奈川県オープンゴルフ選手権 PTT in フィランスロピー

10月13日箱根カントリー倶楽部(7,085Y、PAR72)に於てプロ100名アマチュア33名が参加し神奈川県オープンゴルフ選手権 PTT in フィランスロピーが開催された。昨年、台風により中止、一昨年は豪雨により9H短縮だったが3年ぶりに最高の秋晴れ、無風の中15回目の箱根開催となった。
箱根カントリー倶楽部の腕利きグリーンキーパーが仕上げてくれた、グリーンスピード12.8フィートの驚異的な速さのなかでパッティングに相当神経をすり減らしながらのプレーとなった。そのなかで1人突き抜けた貴田和宏(湘南)が6アンダー66(32、34)で大会を制した。ベストアマは厚木北高校1年、平本世中が3アンダー69(35、34)の成績を残し、同伴競技者のプロ達を脱帽させた。また、ゴルフ場での挨拶、優勝スピーチも申し分なく成長を期待させる。今年はその他のジュニアや若い世代のプロも上位に入賞し来年はさ らに活躍の年となりそうだ。













【成績表】

順位 氏名 所 属 スコア
優勝 貴田 和宏 湘南 66(32、34)
2位T 尾野 仁啓 厚木国際 69(32、37)
2位T 平本 世中 厚木北高 69(35、34)
4位T 中村 拓 KGRA 70(34、36)
4位T 柳沢 伸祐 ビバゴルフ 70(33、37)

>>入賞者・成績表一覧

2015年8月25日(火)

2015フィランスロピー神奈川県アマ・プロ大会 in 戸塚CC

今回は神奈川県アマ・プロ大会としては初めて、戸塚CC西コース(7261Y.PAR72)を会場とした。
幾多の名勝負の舞台となったこの西コース、キャノンオープンで使用された通称「キャノンティ」を数ホール使用し、多くの選手が飛距離に苦しむ展開となった。時折小雨のちらつく8月とは思えない涼しい環境でのプレーでプロの部は仲手川将(箱根CC)が70(34.36)でアマ・プロ大会初優勝を飾った。
本人は、「戸塚で勝てるとは夢にも思っていなかった」と、ラウンド直後に語り、10月13日(火)開催される神奈川県オープンのホストプロとして自信に弾みがついたようだ。
アマチュアの部では森下修至氏が栄冠を手にした。


  • 仲手川 将

  • 森下 修至

【成績表】

順位 氏名 所 属 スコア HDCP NET
優勝 仲手川 将 箱根 70(34.36) 0 70
2位T 皆川  昇 フリー 73(36.37) 2 71
2位T 小袋 秀人 戸塚 71(33.38) 0 71
4位T 森本 康正 ハンズゴルフ 73(38.35) 0 73
4位T 柳沢 伸祐 ビバゴルフ 73(36.37) 0 73
4位T 武井 泰道 仙石 75(37.38) 2 73
4位T 貴田 和宏 湘南 73(38.35) 0 73
4位T 弘光 真之 L・新川崎 74(35.39) 1 73

2015年6月22日(月)

平成27年 6月22日(月)神奈川県アマ・プロ大会(富士屋ホテル 仙石GC)

6月22日(月)仙石(6,651Y、PAR72)にてプロ46名、アマチュア10名、計56名
による神奈川県アマ・プロ大会第2戦が行われた。
途中通り雨はあったものの、清々しい深緑薫るゴルフ日和に選手達も良い結果をいつも以上に期待している様だった。
優勝は、貴田和宏(湘南CC)と芦川正敏(横浜CC)が7アンダーで優勝を分けあった。
アマは島田竜泰氏が栄冠を手にいれた。
次回は8月25日(火)アマ・プロ会としては、初開催の戸塚CC西コースにて行われる。
チャンピオンコースでの戦いを今から楽しみにしている。

【成績表】

順位 氏名 所 属 スコアー アウト イン HC
1T 貴田和宏 湘南CC 65 (33、32)
1T 芦川正敏 横浜CC 65 (33、32)
3T 武井泰道 仙石GC 67 (34、35)
3T 人見雅人 トピックGC 67 (32、36)
5T 森本康正 ハンズGC 68 (32、36)

2015年4月21日(火)

神奈川県アマプロ大会 (清川CC)

4月21日(火)清川CC(6,700Y PAR72)にてプロ50名、アマチュア13名
計63名による神奈川県アマプロ会第一戦が行われた。
八重桜が美しく残る清川CCで、爽やかな天候に恵まれ好スコアーが期待された。
結果、入賞17位タイが2オーバーとレベルの高いところ、中込憲(エスブランド)が65(35、30)のスコアーでアマは小林國男氏が栄冠を手に入れた。次回は6月22日(月)富士屋ホテル仙石ゴルフ場にて開催される。
次回の闘いにも注目したい。

【成績表】

順位 競技者名 所 属 スコアー アウト イン
優勝 中込憲 エスブランド 65 (35、30)
2位 森本康正 ハンズゴルフ 66 (30、36)
3位T 尾野仁啓 厚木国際 67 (34、33)
3位T 小川洋 フリー 67 (33、34)
5位 猪俣修 町田モダン 68 (35、33)

2015年3月23日(月)

2015年神奈川県シニアオープンゴルフ選手権

『2015神奈川県シニアオープンゴルフ選手権』神奈川県プロゴルフ会主催、が平成27年3月23日戸塚カントリー倶楽部東コースにて開催された。
 横浜地方、桜の開花宣言がされたこの日、ゴルフ場の桜は未だつぼみは硬かったが晴天微風、絶好のコンディションの中、県外プロも含め106人のシニアプロゴルファー、神奈川県ゴルフ協会推薦シニアアマチュアなど36名の合計142名の参加で行われた。
 コンパクションが硬く12フィートの速さのグリーン状態の中、パッティングに苦しめられる選手の多かったが、萩原浩一選手(ビバゴルフ)と清水洋一選手(フリー)が1アンダー、71ストロークにまとめ、二人がサドンデスプレーオフになり、プレーオフ1ホール目で萩原選手が5メートルのパットをねじ込み決着をつけた。
 今年度から8月に裾野カンツリー倶楽部で行われる、PGAシニアツアー『ファンケルクラシック2015』の本戦出場権が優勝者に送られることになり、萩原選手が獲得した。
 グランドシニアの部(60歳〜67歳)は、大屋和茂選手(ゴルフプラザ十二神)と市川孝道選手(大蔵ゴルフセンター)が74ストロークで1位タイとなり、ゴールドシニアの部(68歳以上)は、田中文雄選手(フリー)と原田恵三選手(フリー)が1位を分け合った。
 ローアマには76ストロークで山口賢一郎選手が輝き、昨年に引き続き二連覇を達成し、ゴールドローアマ(68歳以上)は高槻天歩選手が獲得した。  3回目を迎えた今年の大会、天候にも恵まれ出場選手も増え、『ファンケルクラシュック2015』の出場権もあるという事で大盛況のうちに終了した。来年の大会も大会規模、内容の充実が期待される。
成績表
入賞者