2017年03月25日

「2017ティーチングプロアワード」の最優秀賞を決める最終選考会と表彰式が25日に、パシフィコ横浜で開催中の「ジャパンゴルフフェア」会場で行われた。最優秀賞には「オリジナルレッスン器具"時計版型マット”を使用した"円に立つという発想 クロックメソッド" 〜時計盤によって1分という角度を知り、自在なボールを打つ〜」という理論を提唱した塩川隆幸(44=アルバゴルフクラブ、ティーチングプロB級)が輝き、記念トロフィーと賞金50万円を獲得した。

2016年12月22日

第5回 PGAティーチングプログランドシニア選手権大会」の最終日は首位からスタートした伊藤正巳(明智GC・60)が逃げ切りトータル2オーバーで初優勝を果たした。2位には5オーバーで時田陽充(伊勢シーサイドGC・61)、鋤田和富(Sukita Golf School・60)、西川貴祥(阪奈CC・67)が入った。
◆ FR成績はこちら>> 

2016年12月21日

第5回 PGAティーチングプログランドシニア選手権大会」は、高速グリーンの影響でスコアが伸び悩む中、伊藤正巳(明智GC・60)と島村豆至天(トライアングルゴルフ・60)そして西川貴祥・67)の3名が1オーバー(73)で首位発進した。ディフェンディングチャンピオンの山下英章(能登GC・63)は5オーバー(77)で12位発進となった。

◆ 1R成績はこちら>> 
◆ FRの組合せはこちら>>

2016年12月12日

PGAティーチングプロB級受講会員を対象にしたPGA入会セミナーが、12日、東京にある世界貿易センタービルで行われました。今年は82名を新入会者として認定。20歳以上というオープン化の受験資格では、20名の合格者が誕生しました。約1年半PGAゴルフ論を学び、座学や実技のテストをクリア。会員としては2017年1月1日付での入会となりますが、この日先駆けて、ティーチングプロB級の認定式が行われました。

2016年11月02日

第18回PGAティーチングプロ選手権大会」の最終ラウンドは、朝から強い冷え込みに襲われた。選手たちは難コースとの戦いで、全体のスコアが伸び悩んだ。3アンダー3位スタートの麻田隆司(40歳・B級)が、バックナインでスコアを伸ばし、5バーディ3ボギーの70としながらも、139ストローク、通算5アンダーで逆転優勝を飾った。麻田には、優勝杯と賞金100万円が、副賞には、KBSシャフトセットならびにグランドハイアット東京ペア宿泊券が贈られた。

◆大会特集ページは こちら>>
◆最終成績は こちら>>

2016年11月02日

茨城にある静ヒルズカントリークラブで開催中の「第18回PGAティーチングプロ選手権大会」最終ラウンドの模様は、インターネット中継で、試合をご覧いただけます。1番ホールからスタートする全15組のプレーの模様を解説。また大会の終盤は、難易度の高い18番ホールでの戦いも生中継!今回は、1番ホール、18番ホールにトラックマンを配置し、弾道分析も行っています。

◆大会特集ページは こちら>>

2016年11月01日

第18回PGAティーチングプロ選手権大会」の第1ラウンドが1日、茨城県にある静ヒルズカントリークラブにて行われた。天気がめまぐるしく変わる初日、首位に立ったのは、8バーディ2ボギーの66をマークし、2位に2打差をつけた高橋秀樹(47歳・A級)。4アンダーの2位には、伊東諭史(32歳・A級)。ディフェンディングチャンピオンの内藤裕之(40歳・TP−A)は、パープレーでスコアを伸ばせず15位タイ。

◆大会特集ページは こちら>>
◆1R成績は こちら>>

2016年11月01日

第18回PGAティーチングプロ選手権大会」の第1ラウンドが1日、茨城県にある静ヒルズカントリークラブにて行われています。インターネット中継が15番ホール(パー3・160ヤード)でご覧いただけます。スコア速報も掲載しています。大会の情報は、特集ページで!

◆大会特集ページは こちら>>
◆1R組み合わせは こちら>>

2016年10月19日

第12回PGAティーチングプロシニア選手権大会」の最終ラウンドが19日、伊勢カントリークラブで行われた。イーブンパー7位スタートの橋口浩一(B・50歳)が、スコアを3つ伸ばし、通算3アンダーでホールアウト。最終組スタートの近藤年弘(TP−A・59歳)と小嶋光康(TP−B・53歳)が、スコアを伸ばせずにパープレーで回り、通算3アンダーで3名のプレーオフへ。2ホール目で、バーディパットを決めた近藤が、嬉しい大会初優勝を飾った。

◆大会成績は こちら>>

2016年10月18日

第12回PGAティーチングプロシニア選手権大会」の第1ラウンドが18日、三重県にある伊勢カントリークラブにて行われた。初日3アンダー、69でトップに立ったのは、馬渕武将(TP−A・54歳)、小嶋光康(TP−B・53歳)、近藤年弘(TP−A・59歳)の3名。2アンダーで1打差の4位には、一岡義典(TP−A・60歳)。ディフェンディングチャンピオンの高崎龍雄(TP−A・52歳)はイーブンパーとし7位グループと好位置につけている。

◆1R成績は こちら>>
◆最終日の組合せは こちら>>

2016年08月10日

2017年度PGAティーチングプロB級講習会」受講者選定のための実技審査が、8月9日(火)〜10日(水)浜野ゴルフクラブ(千葉)で開催され、最終ラウンドが10日(水)行われた。

実技審査通過ラインは、158ストロークまでの63位タイ69名となった。


◆ 最終成績 こちら>>

◆ 通過者 こちら>>

2016年08月09日

2017年度PGAティーチングプロB級講習会」受講者選定のための実技審査が、8月9日(火)〜10日(水)浜野ゴルフクラブ(千葉)で開催され、9日第1ラウンドが行われました。

実技審査は36ホール・ストロークプレーで行われ、合格ラインは、2日間のスコアが158ストローク以内の上位100位タイまでが実技審査通過となる。



1R成績は こちらから>>

FR組合せは こちらから>>

2016年08月08日

2017年度PGAティーチングプロB級講習会」受講者選定のための実技審査が、8月9日(火)〜10日(水)浜野ゴルフクラブ(千葉)で開催されます。

実技審査は36ホール・ストロークプレーで行われ、合格ラインは、2日間のスコアが158ストローク以内の上位100位タイまでが実技審査通過となる。


1R組合せは こちらから>>

2016年06月22日

PGAティーチングプロB級講習会受講者選定 プレ実技審査(6月21日〜22日)
会場:サンコー72カントリークラブ(群馬県)


●最終成績表は こちら>>
*合格基準=168ストローク以内の17名が8月に行われる実技審査へ進出。


◇PGAティーチングプロ資格認定制度の情報は こちら>>

2016年05月23日

「ティーチングプロB級受講者選定スケジュール」が決定しましたので、お知らせいたします。

●実技審査
日   程 8月9日(火)〜10日(水)
会   場 浜野ゴルフクラブ(千葉県市原市永吉937 TEL 0436-52-3111)
競技方法 36ホール・ストロークプレー(各日18ホール)
合格基準 158ストローク以内の上位100名が合格。最終審査の受験資格を与える。(予定)


●最終審査(面接審査及び筆記試験) ※詳細は実技審査合格者に案内します
日   程 9月21日(水)
会   場 ヤマハリゾートつま恋(静岡県掛川市満水2000 TEL 0537-24-1111)
試験内容
面接審査および筆記試験「ルールテスト」と「基本ゴルフ教本テストT@A(*)」を実施予定。
筆記試験「ルールテスト」「基本ゴルフ教本テストT@A」は、ともに8割以上が合格。
合格点に満たない者に対し、再試験を一度のみ実施する。(10月予定)
再試験でも不合格の場合、次年度受講を希望する者は、次年度に限り実技審査を免除とする。


※基本ゴルフ教本テストとは
PGA発行・基本ゴルフ教本の重要な語句を正しく理解するための筆記試験です。
(基本ゴルフ教本は実技審査合格者に配布します)

2016年02月21日

 「2015ティーチングプロアワード」の最終選考会と表彰式が2月20、21日に、東京・有明の東京ビッグサイトで開催中の「ジャパン ゴルフフェア」会場で行われた。最優秀賞には「感育〜感性を育てる上達術〜」を提案した松本哲也プロ(44=ガーデン藤ケ谷ゴルフレンジ、ティーチングプロA級)が輝き、賞金50万円を獲得した。