2018PGAティーチングプロアワード最終選考会及び表彰式は、2018年3月24日(土)、「ジャパン・ゴルフフェア」の会場内において、プレゼンテーションをメディアや一般ファンに対して行い、投票により最優秀賞を決定する方式(2015年度〜)で行った。
最終選考会の当日はインターネットなどでの事前告知や口コミなどで集まった予想を超える人数の審査員で会場は満席となった。
これに先立って行われた選考会は、2017年11月30日(木)〜12月1日(金)の2日間、千歳ゴルフセンター(東京都世田谷)で実施した。
レッスン理論を日々研究実践し、ティーチングのスキル向上に努める優秀なティーチングプロ15名が参加し、大本研太郎(TCP−A)、佐藤一郎(TCP-A)、板東繁一(TCP−A)の3名の最終選考会に進出が決定した。


最終選考会までの期間、発表の機会がある度に推敲を重ねてより精度の高い内容に仕上げてきた出場者3名は、当日も説得力のある理論でオリジナリティあふれる工夫を凝らした発表を行い、また、審査員が熱心に聴く姿、質問する姿があった。
3人それぞれが甲乙つけがたい優秀な発表を行ったが、投票の結果、2018年度最優秀賞には大本研太郎(スポーツラボ)の「グラビティメソッド 〜 重心が変われば、スイングが変わる 〜」が輝き、賞金50万円とっ最優秀賞のトロフィーを手にした。
優秀賞には佐藤一郎と板東繁一の2名となった。

入会セミナー
入会セミナー