PGAのフィランスロピー精神に基づいた社会貢献活動『PGA HANDA CUP ・フィランスロピー障害者ゴルフ大会』は、10月8日(火)若洲ゴルフリンクス(東京都)にて開催された。  競技は、上下肢・聴覚・内部・視覚に障害を持つ101名の参加者が7つの部門に分かれ、18ホールストロークプレー、新ぺリア方式による個人戦で行われた。  今年で19回を数えるこの大会は、2013年より一般社団法人国際スポーツ振興協会との共催(協賛)で実施し、賞品は一般社団法人日本ゴルフ用品協会、サッポロビール株式会社からご協力をいただき無事終了した。
各部門の優勝者 各部門の優勝者【拡大写真】

 昨年に続き今年も大会直前に関東を直撃した台風の影響によりコースの数か所で倒木などの被害が出た。しかし、コース関係者の迅速な復旧作業により無事大会当日を迎えることが出来た。今年はプロボランティア74名に加え明治大学の学生10名。そしてご協賛をいただいたサッポロビールから10名の社員にもご協力をいただき大会運営にあたった。
 毎年協力している神奈川のプロは「この様な意義のある大会に協力をさせていただく機会を与えていただき感謝しています。障害を持ちながらもゴルフに真剣に取り組む姿は見習わなければ」と参加者に対し感銘を受けていた。また、サッポロビールからのボランティアは、同社の社員で毎年この競技会に参加している一人が、社内でボランティアを募ったところ自ら志願してくれたという。今年はクラブハウス内で食事のアテンドやパーティのお手伝いなどをしていただいたが「来年はもっとお手伝いがしたい。コース出てのお手伝いもしてみたい」との力強い言葉もいただいた。
 今年で19回目となった本大会も来年は20回目の節目の年を迎える。今年からサッポロビールボランティアという新たな協力者を迎え入れ、充実したホスピタリティを提供ができた。来年はさらにパワーアップをして参加者を迎え入れたい。


ナイスショットに喜ぶ ナイスショットに喜ぶ
力強いショット力強いショット
レッスンレッスン

ボランティアボランティア
レッスンレッスン
豪華賞品豪華賞品