今季シニアツアー10戦目「コマツオープン2019」最終ラウンド。タイ出身のタワン・ウィラチャン(52)が65をマークし14アンダーでホールアウト。一方首位スタートのプラヤド・マークセン(53)が、17番で2発OBとし「8」をたたく大混戦。14アンダーでならんだマークセンとウィラチャンがプレーオフへ突入。1ホール目でウィラチャンがバーディーを決めて優勝。シニア通算2勝目。
◇競技情報ページは こちら>>
◇最新の賞金ランキングは こちら>>