YUKO GROUP PRESENTS 第5回セヴンヒルズカップKBCシニアオープン」の最終ラウンド。10アンダー首位スタートのソク・ジョンユル(50)がスコアを伸ばせず足踏みする一方で、同組でプレーする奥田靖己(59)がスコアを伸ばし、一時は首位独走かと思われた。そこへ6アンダー6位スタートの寺西明(53)が猛チャージ64をマークし首位逆転。通算14アンダーで寺西が大会初優勝、シニア通算3勝目を飾った。

大会特集ページは こちら>>