60歳以上のプロゴルファーが競う、関東プロゴルフグランドシニア選手権が、4月25日、26日の2日間、箱根湖畔ゴルフコースで71名が参加し開催された。最終ラウンドは、朝からコース周辺を覆った霧の影響でスタート時間を1時半遅らせスタートさせたが、再度、霧の影響で競技中断、1時間後に悪天候により中止が決定。 初日首位スタートの初見充宣(66・立科GC)と佐藤剛平(63・芳賀CC)が、6アンダー66ストロークで大会初の2名が同時優勝となった。
◆大会成績は こちら>>