68歳以上のプロゴルファーが競う、関東プロゴルフゴールドシニア選手権が、4月18日、19日の2日間、箱根湖畔ゴルフコースで91名が参加し開催された。最終ラウンドでは、通算3アンダーで並んだ青木基正(68)と海老原清治(70)がプレーオフへ。2ホール目でバーディーを決めた海老原が、2017年の優勝に次いで、2度目の優勝を飾った。
◆大会関連記事は こちら>>