ゴルフコースに行くと、様々なライからショットをしなければなりません。今回はその中でも特に難しい、左足下がりからのショットについて説明したいと思います。まず、左足下がりという状況についてですがこの状況では、球が十分に高く上がるということはありません。普段のショットと比べてもその高さは大きな差があります。そのような状況から無理に球を高く上げようとすると、ミスショットになってしまうのです。ですから、左足下がりの状況では球は高く上がらない、という意識でショットに臨むといいでしょう。

左足下がりからのショットには2つの打ち方があります。一つは斜面に沿って垂直に構える方法と、二つ目は斜面には影響されず地球に対して垂直に構える方法です。前者の場合では、左足体重となりますが、通常のショットと打ち方が大きく変わることはありません。しかし球筋は当然低くなります。後者の場合には、斜面に逆らって構えていますからロフト角が生かされ球は比較的高く上がりますが、ショットの難易度は高まります。飛距離の差で言うと、斜面に沿って構えそして打った方が、よく転がるために飛距離が出るでしょう。ここでは斜面に逆らって打つ方法について簡単に説明します。球の位置は左足かかと内側線上ではなく、多少内側にセットします。地面の右側が高くなっていますから、アップライトなスイングを心掛けます。すると軌道はアウトサイドインの軌道になりますから、当然目標を予め左方向に取っておく必要があります。球の手前を何度か素振りして地面とクラブが接する部分を確認したらアドレスし、フルショットではなく7、8割の力で打っていくといいでしょう。スライス系の球である程度キャリーが出ますから、グリーンを狙うショットには有効な打ち方といえます。