打つ球、打つ球全部右に飛び出していってしまう、ということで悩んでいる人はいませんか。今回はプッシュアウトが直らない場合について説明したいと思います。プッシュアウトが出るということは、まず確認しなければならないのが、クラブフェースの向きとスイング軌道の確認です。この2点を注意するだけでプッシュアウトは直るといっても過言ではありません。クラブフェースが右を向いていたり、スイング軌道がインサイドアウトであったりすると、プッシュアウトになりますからこれを修正するようにしましょう。よく見られるのが、クラブをインサイドからすくい上げるように打っていくケースです。

この打ち方の典型的な構え方が、アドレスをした時にスイング軸が右に傾き球を下から見るようなアドレスをしているケースです。例えばドライバーといったティーアップされている球を打つ場合、アドレスをした時に球を下から覗き込むような構えを取ってしまうと、スイングの軸が右に傾き、実際にスイングをするとインサイドから球を捉えていくような打ち方になってしまいます。こうした打ち方を直していくには、まず初めに左足かかと内側線上に球をセットし、目標に対して正しいアドレスを取ることから始めてください。グリップの位置、上体の前傾角度、目、肩、腰、ひざの各ラインが目標に対して正しく構えられているかということです。こうした基礎的なチェックをしてスイングをしていけば、大きく右に球が飛び出すといったプッシュアウトはなくなっていくでしょう。あとはフェースの向きが右を向いていないかを再度確認するといいでしょう。