ピンを狙うショートアイアンのショットでシャンクが出てしまうと、スコアにならないばかりか、その日一日不安に襲われ、つまらないゴルフになってしまいます。今回はショートアイアンのショットでシャンクが出てしまう場合について説明したいと思います。ショートアイアンというクラブはグリーンに乗せるクラブ、ピンを狙っていくクラブです。そうなると、失敗したくない、気分的に乗せたいピンに寄せたいという思いが強くなり、フェースがターンして球を打つという、本来のクラブを振るということを忘れてしまい、クラブを球に当てにいくような動作へとなり、振り切れないままネックに球が当たってしまいその結果シャンクになってしまうのです。

ですから、思い切って振り切った時のシャンクはあまりみたことはありませんが、コントロールをしようとしたりして7、8割の力で打っているときにシャンクを目にすることが多々あります。ですから、この症状はショートアイアンに限ったことではなく、ミドルアイアンでもコントロールをしようとしたり、自信のないままショットしているような状況では、振り切れていませんから当然シャンクが出てしまうことが考えられます。実際、私もこの場面では曲げたくないな、というような状況ではスイングが中途半端になってしまいますから、ハーフシャンクのようなショットを打ってしまったことはあります。スイングのスピードや小手先でのコントロールではなく、コンパクトな振り切るスイングでショットしていくといいでしょう。