プロや上級者のパッティングを見ていると、スムーズな球の転がりをしているのがよくわかります。今回はパッティングの球の転がりをよくする方法について説明したいと思います。プロのパッティングスタイルを見て見ると人それぞれですが、打ち方に一つ共通していることがあります。それは、確実に振り子運動でクラブヘッドを働かせているということです。この振り子運動が球に対してまっすぐな回転を与え、転がりのいい球を生んでいるのです。

よく、球の転がりをよくするために球の上部を打てとか、アッパーに打てなどということがありますが、まずはパッティングの基本でもある、振り子運動で球をしっかり捉えるということが、何より先決であるといえます。その場合、小手先の振り子ではなく腕、肩を一緒にして、首の付け根から体全体の振り子運動を心がけるようにしてください。これは、手、ひじなどを中心にした振り子では球をパチンとは打てても、転がりのいい球が打てるかが疑問なのです。しかし、首の付け根を中心に腕、肩を振り子とすれば、体の力がそのまま球に伝わりますから、転がりのいい球が打てることになります。尚、この場合注意しなければならないのが支点となる首の付け根が、バックスイングとフォロースイングの時に左右にブレてしまってはいけないということです。つまり、クラブヘッドが動いても支点も一緒に動いてしまっては振り子運動が相殺されてしまい、距離感も球の転がり極端に悪くなってしまいます。この点に注意して振り子のストロークを練習してください。