パッティングの苦手な人を見ていると、何でそんな短い距離のパッティングを外すのか、という場面に遭遇することがあります。また上級者でもこうした場面を時々目にすることがあります。今回はショートパットを外す確立の高い人について説明したいと思います。ショートパットを苦手にしている人の多くは、アドレスをした時にラインに対して垂直にフェースを構えているつもりでも、球ではなく視界に入っているカップばかりを見てしまい、結果としてラインに球を打ち出すことができず、ミスをしてしまうのです。よくパッティングではヘッドアップをしないように、と注意をされますが、このショートパットほどそのヘッドアップをしないように、という注意が実行されにくいパットと言ってもいいでしょう。ではロングパットはどうでしょう。

ロングパットの場合には、10m、15mといった距離を打つ場合、カップインする意識は低くカップに近づける意識の方が強いですから、ヘッドアップということはあまり起こりません。とにかく、アドレスをした際、視界の中にカップが入ったら注意が必要です。では、ショートパットのヘッドアップを防ぐための方法ですが、例えば10cmのバックスイングをしたなら、同じく10cmのフォロースルーも出ているか確認してみるといいでしょう。つまり、カップにばかり行ってしまう意識を、パッティングの原点であるヘッドの振り子に向けてしまうのです。アドレスをしたなら、自分の決めたラインに対して正しいストロークができているかを常に考えながらパッティングをするのです。そのように意識を変えればショートパットを外すということは少なくなるでしょう。