スイングが固まっていない初級段階や、体重移動を注意しすぎる場合など、バックスイングで右ひざが外側に流れてしまう場合があります。今回はバックスイングで右ひざが流れてしまう場合について説明したいと思います。アドレスをする際、スタンスのとり方について左のつま先は開き、右足のつま先は閉じて構えるように、と指導するのが一般的です。しかしこの指導法だと、体や関節の硬い人には、大きな負荷が足首やひざにかかってしまいます。そうすると、無意識のうちにひざが外側に流れてしまうということになりかねません。

ですから、体や関節の柔軟性に応じて右足も若干開いてみたり、またバックスイングと共に右ひざも回転させてあげるような意識でスイングをするといいでしょう。それと同時にあまりにも頭を動かさないように意識しすぎてバックスイングをしてしまうと、右ひざは動いているように感じてしまうことがあるので、スムーズな体重移動も大切です。スイング中、右ひざが流れてしまうのは、しっかりとした回転運動によるスイングができていないことにもなります。極端に言うと体を左右にゆすっているにすぎませんから、弱いスライスボールが出やすくなるでしょう。右のひざが流れてしまうという人は、まずはしっかりとした体重移動と体の捻転を確認しながらスイングしてみるといいでしょう。それでもスイングが苦しい場合などには右足のつま先を少し開いてバックスイングするといいと思います。正しい体重移動、体を捻転させた上での回転運動、さらにはスタンスのつま先といったところを特に注意しながら練習するといいでしょう。