プロや上級者のプレーを見ていると、各ホールでしっかりとしたプランを立ててプレーしているのが分かります。今回はコースマネジメントがしっかりできる人とはどのような人をいうのか説明したいと思います。コースマネジメントがしっかりできるというのは、各クラブにおいて自分の飛距離をしっかりと把握している人、そして自分のウィークポイントを知っている人のことを言います。例えば、バンカーが苦手というのであれば、バンカーに入れないためのマネジメントをし、また下りのパッティングが苦手だというのであればピンハイには絶対に乗せないといったものです。このように説明すると上級者しか該当しないのか、と感じる人もいるかもしれませんが、そうではなくアベレージクラスやビギナークラスでも十分にできるのです。

例えば、フルショットでナイスショットすれば届くけどちょっとでもミスをしたら絶対に届かないという状況がある場合、多くのアベレージクラスの人やビギナークラスの人は僅かな確立に賭けてショットしていく場面をよく目にします。また、ティーグランドからピンまでを一直線に見てしまう人も多くいます。例えばピンがグリーンの右端に立っている場合、セカンドショットは当然左から狙っていくのが攻めやすいわけですから、ティーショットはフェアウェイの左を狙うのが適当な攻め方です。しかし、こうした人たちはとにかく最短距離を目指してラフであろうが林であろうが一直線に打っていきます。成功すればいいですが、失敗してピンの右に外した場合などは、ガードバンカー越えで、しかも近いピンを打っていかなければならない難易度の高いアプローチが要求されます。当然失敗の確立が高いわけですから大叩きにつながっていくのです。ここまでしっかりコースマネジメントしていくのは難しいのであれば、絶対にOB、ハザードには入れない、というマネジメントだけでもゴルフは上手くなるでしょう。そのためには自分の距離を把握し、確固たるプレーのスタイルを確立することが必要です。