プロの試合を見ていると、ホールアウト後多くのプロが練習場で熱心に球を打って練習しています。今回はラウンド後の練習は効果があるのか、ということについて説明したいと思います。プロがホールアウト後に練習場で練習をしているのは、普通の自分つまりこれくらいは打てるはずなのに、今日は何でできなかったのだろう、という疑問や不安を取り除くために練習をしているケースがほとんどです。あの時のあのショットはなんで上手く打てなかったのだろう、というケースや何であのときのパッティングは上手く打てなかったのだろう、というケースです。また、風の強い日などにはスイングが小さく、そして早くなっていますから、ゆっくり大きなスイングで練習をして次の日のラウンドに備えているというケースもあります。

ですからラウンド後の練習は、練習というよりも、スイングの微調整やリズムといった調整といった方が適当かもしれません。アマチュアの皆さんの場合もラウンド後には、どうしてあのホールでOBを打ってしまったのだろう、何で池に入れてしまったのだろう、という反省事項は鮮明に覚えているはずです。ですからその記憶も新しいうちにラウンド後にスイングの調整をするということは大変有効なことといえます。実際には、単純に技術的に失敗があったのかそれとも、アドレスが違う方向を向いていたというような基本的なミス、またはコースを攻略していく上でのマネジメントを間違えて結果的に無理なクラブで打ってミスをしていたというように、ゴルフは技術的なミスの修正もそうですが、こうした基本的なこと、コースマネジメントを間違えてミスをしているケースも多分にあります。ラウンド後にはそうしたところも検証してみるといいと思います。