ショートアイアンを引っ掛けてしまい悩んでいる人も少なくないと思います。今回はショートアイアンで引っ掛けてしまう場合について説明したいと思います。ショートアイアンをミドルアイアンやロングアイアンと比較した場合、長さが短くて振りやすく、フェースがかえりやすいというのは一目瞭然です。そうしたことを考えると、左に引っ掛けてしまうということはごく自然なことと言えるでしょう。プロや上級者もこうしたクラブの特性を考え、ショートアイアンのショットの際にはクラブフェースがかえらないようにショットしたりしています。

ではそのショットの方法ですが、フルショットをしないということにつきます。これは、短くて振りやすいクラブをあえて振らないようにして、コントロールする方法です。スリークォーターにおさえてフルスイングをせず、インパクトでも極端なクラブのかえりが無いよう、抑えてショットするのです。スイングをコンパクトにするということは、スタンスも狭くクラブも短く持ってスイングするというのも大切なことです。とにかく大振りしないようにすることが何より肝要です。ショートアイアンでは、フィニッシュの姿勢というのも大切な要素といえるかもしれません。高々と振り上げるものではなく、低く小さく抑えるフィニッシュの練習を何度も行えば、引っ掛けることにはならなくなると思います。ショートアイアンはそのクラブの意味からしても狙ったところに打っていくクラブです。ピッチングウェッジで150ヤード飛んでも、100ヤード以内の目標にきっちり打っていけなければ、何の役にも立ちません。飛距離よりも距離感、方向性を意識して練習していくことに励んでください。そのためにはショートアイアンではフルショットはあまり必要はないのです。