ガードバンカーからのバンカーショットの際、プロの指導法やレッスン書などにはバンスから砂に打ち込むような表現がされることが間々あります。今回は、バンカーショットの際、バンスから打つ方法について説明したいと思います。現在のサンドウェッジは、アプローチ兼用にもなってきていますから、バンスで打つという感覚にはなかなかなれないかもしれませんが、一昔前のサンドウェッジはソールも厚くできていますから、そうしたクラブで打って見るとクラブのバンスを体感することができると思います。

実際、バンカーショットの打ち方についてですが、クラブを振り下ろす場合、クラブのバンスだけが降りてくることはないわけなので、あまりバンスを意識する必要はありません。普通にスイングするだけで、厚くなったソール部分つまりバンスが最初に砂に触れ、結果としてクラブはバンス部分から砂に入っていくのです。このバンスはクラブを砂の中にめり込ませないという役割と共に、エクスプロージョンとう砂を爆発させる役割があり、球をバンカーから脱出させることができるようになります。この役割を意識しすぎると無理にクラブ打ち込んだりして、本来の自分のスイングができなくなってしまいます。打ち込む意識は捨て、普段どおりのスイングを心がけ、距離感についても小手先で調節するのではなくスイングの大きさで調節するようにすれば、通常のバンカーショットつまりバンスで打つバンカーショットができるようになります。尚、昔のサンドウェッジの場合には、バンカーではその性能を発揮しても、アプローチでは逆にバンスが妨げとなり用途が限られますから注意が必要です。