ゴルフは丸い球を打っている以上、左右どちらかに曲がることは必定です。ですからプロや上級者のように持ち球を決めてコースを攻略していくことは大変有効です。今回は持ち球を決める基準や方法について説明したいと思います。持ち球というくらいですから、ある程度球を打つことができる、アベレージ以上のゴルファー、上級者レベルのゴルファーが対象になってきます。まず練習場に行き、何にも練習をしていない状態でリラックスしながら軽く球を打ってみてください。そのときに出やすい球筋が、自分の球筋を言えるでしょう。

力んで肩や腕に力が入った時に、左右に球が行ってしまうというのは仕方ありませんが、何も力まず普段のリラックスした状態で出てくる癖というのは、そのまま自分の球筋をしていった方が有効といえます。また、ゴルフの調子のいい時に出る球筋というのは、自分の正確な球筋とは異なる場合がありますから、あくまでも自然体の中から出た球筋が自分の球筋といえるでしょう。アマチュアの中には、フック系の球筋にした方が距離は出ると思っている人もいるかもしれませんが、ストレート系やスライス系の人たちと同等の高さが出ていれば飛距離がでるかもしれませんが、低ければキャリーが得られませんから必ずしも距離が出るとは限りません。このように無理にフック系に球筋をしようとしても、実際に高さが出なければ距離も出ません。自分がリラックスしてクラブを振ってみて、ある一定のキャリーが出る球筋を自分の球筋としていくことは、戦略上大変有効になります。