このウィークリーレッスンでも何回か出てくる、すくい打ちを直す方法について今回は説明したいと思います。ゴルフの場合、地面にある球を打っていくわけですが、この地面にある球を上げていくという部分が難しいところになってくるのです。ゴルフクラブにはロフトという角度がそれぞれつけられています。このロフト角がある上、球は必ず上がっていきます。特に、クラブが正しく上から下に振り下ろされるスイングができていれば、球へのバックスピンも加わり球は自然と上がっていくのです。しかし、ドライバーやスプーン、ロングアイアンといったロフトの少ないクラブの場合には、球は上がらないのではないか、といった思いが強くなり、球を持ち上げるような打ち方やスイングとなってしまい、結果としてすくい打ちとなってしまうのです。

この場合には球へはバックスピンが掛かりませんから、体では球を上げようとしていても球は思ったよりは上がらないばかりか、スイング自体も悪くなっていくのです。ではこのすくい打ちを直していく方法ですが、体に馴染んだスイングを直す方法は難しい部分がありますが、ダウンスイングの際に球の少し先の方向にクラブを放り投げるような感覚でスイングするようにするといいでしょう。アマチュアの皆さんはどうしてもクラブをフォロースルーの高い位置の方向に意識が行ってしまいますから、そうではなく球の少し先に意識をもっていくようにするだけで、すくい打ちは徐々に解消されてくるでしょう。また、軽く素振りをして、バックスイングの際には左足、インパクトからフォローの際には左足といった、体重移動の練習も効果的です。この体重移動と、クラブを上から下への意識を持ちと、すくい打ちは解消されていくでしょう。