ティーショットなどの際、右や左にOBがある場合、当然そのOBを避けてショットしようとしますが、そんな場合に限って球がOBゾーンに飛んでいってしまった、という経験をしたことのある人はいませんか。今回はOBを避けたつもりなのに球が行ってしまう場合について説明したいと思います。ティーショットの際左右OBなどの場合、スライス系の人がティーショットを行う場合、球のスライス分を計算して予め左のOB方向を向いて構えることは、あまり気持ちの良いものではありません。同様にフック系の人があまり右を向きすぎるのも今度は右のOBが気になってしまい、これもまた気分よくショットできるとは限りません。一般的に、スライス系の人がスライスして右のOBに行くのが嫌だからといって左を向いてしまうと、更にカットスイングとなってしまい、右の方へ行ってしまいやすくなります。

またフック系の人も同様で、フックして左のOBに行くのが嫌だからといって更に右を向いてしまうと、一層フェースが被ってしまい強いフックとなって左方向へ行きやすくなってしまいます。このように、スタンスの取り方などで球をコントロールしようとしても、頭の中の意識や、体にしみこんでいる自分のスイングの影響で、なかなか理屈通りに球は飛んでいってはくれません。では、こうした場合どのようにしたらいいのかというと、スイングに入る前にはOBの確認をするのも必要ですが、目標に対して正しいアドレスを取ったならば何も考えずにフィニッシュまでしっかり振り切ることだけを考えてスイングするといいでしょう。頭の中に悪いイメージが残っている場合には、決していいショットは生まれません。フェアウェイに飛んで行く良いイメージでスイングするようにしましょう。また、苦手なところにOBといったハザードがある場合には、番手を変えてショットすることも選択の一つです。綿密な計算と大胆さを備えることが必要と言えるでしょう。