ガードバンカーからトップしてホームランしてしまった、という経験をした人も少なくないと思います。今回はガードバンカーからホームランしない方法について説明したいと思います。バンカーショットを何か特別なショットとでも思っている人はいないでしょうか。人によっては通常のショットの二倍から三倍の力で球の手前めがけて打ち込む、といった教え方をしている人を見かけます。ここで考えてほしいのが、ゴルフスイングは背骨を軸とした円運動と体の回転運動で成り立っているということです。

もしこのことを理解していれば、バンカーで必要以上に力んでクラブを振る必要はないことが理解できると思います。当然そうした力んだスイングや球を上げようなどという意識をしてしまうと、球を直接打ってしまったり、エッヂの部分で打ってしまったりして大ホームランとなってしまうのです。またアゴの高いバンカーショットの場合などには、目標を捉える目線が高くなり右肩が下がってしまいますからトップを生みやすい原因にもなってきます。通常の回転運動という意識が消え、球を上げよう、すくい上げようという意識が少しでも働いてしまうと、トップは出やすくなってしまいます。また他に注意することとして、バンカーの砂の硬さもホームランの原因に影響してきます。硬い砂の場合には砂の手前にクラブヘッドが入ったにも係わらず砂に跳ね返されてトップするというケースもあります。そうなると当然クラブのバンス大小も影響します。スイングだけにとらわれず、総合的に判断してショットに臨む必要があるでしょう。