レッスン書やプロのコメントなどに、「球が捕まる」という表現が出てきます。今回は球が捕まるという感覚について説明してみたいと思います。球が捕まるという表現は、大変感覚的な言葉でもあるので、なかなか皆さんにお伝えしにくいところではあるのですが、一般に球が捕まるという感覚は、球の芯とクラブの芯が互いにぶつかり、気持ちいいナイスショットの場合を球が捕まるという表現をするのが一般的です。正しいアドレスを取り正しいスイングをして芯で打ったケースに対して、小手先のスイングで芯で打ったケースなどは球の飛距離も方向性も悪くなるでしょうから、球が捕まったということにはなりません。

正しいアドレスから軸を中心とした体の回転運動で球を捉えた場合が球を捕まえたことになるのです。当然そのためにはセットアップから注意し、目標に正しく構え、球の位置スタンスの広さグリップの位置上体の前傾、ひざの角度といった様々なポイントを注意し、そうした順備ができて目標方向にナイスショットが出た時初めて球が捕まったと言うのです。尚、プロの場合、球が右に切れていくことを嫌うプロなどは、軽いドロー系の球筋をイメージしてスイングしてスイングしていますから、思い通りの軽いドローのショットが出たときに球が捕まった、という表現をすることがあります。またそのイメージを通り越して左に曲がりすぎた場合などには球が捕まり過ぎた、などと表現する場合などもあります。アマチュアのレベルで言えば、インパクトでアドレス時の構えを再現できて、しかも目標方向にナイスショットした時を球が捕まったときといえるでしょう。毎ショット球が捕まるよう皆さん練習に励んで下さい。