左足下がりからのバンカーショット場合、その難易度は普段のバンカーショットよりも高くなります。今回は左足下がりからのバンカーショットについて説明したいと思います。通常のショットの場合でも左足下がりのライからのショットは大変難しいショットです。左足下がりからのバンカーショットの場合起こりやすいミスとしては、トップしてしまうミスと手前を大きくダフってしまうミスの二つです。こうした両極端なミスをなくす方法としては、構え方を考え直してみることです。まず初めの構え方が左足下がりのライに沿った構え方をする方法です。

二つ目が傾斜には影響されず、重力に対して垂直に構える方法の計二つです。初めのバンカーの傾斜に沿って構える打ち方は、比較的容易に球を打っていける方法ではありますが、左足下がりからですから当然球は高く上がらずしかも転がりやすい球となってしまいます。一方重力に対して垂直に構える方法は比較的球は上がりやすくなりますが、反面手前を大きくダフってしまいやすくなりますから、距離の把握が難しくなってきます。このように、いずれの打ち方にもメリットデメリットはありますから、現在自分がどのような打ち方をしているのか考えてみるといいでしょう。打ち方を決めたら結果を気にせず自分のスイングを最後まで振り切きることを考えるといいでしょう。レベルにもよりますが、まずは脱出、まずはグリーンオンというような目標を少しやさしいところにおいてプレーすると気持ちにも余裕が出てきます。是非実践して見てください。