練習場などで人からスイングを見てもらった時に、体が上下動している、と指摘されたことはありませんか。今回はスイング中体が上下動してしまう場合について説明したいと思います。スイング中に体が上下動するケースとしては、バックスイングでクラブをトップまで持っていくときに伸び上がり、インパクトで沈みこむケースと、インパクトからフォローにかけて球をすくい上げようとするために伸び上がるケースの二つが考えられます。特にアマチュアの方に多いのが、後者のインパクトからフォローにかけて球をすくい上げようとするケースが、上下動する場合のほとんどと言えます。スイング中体が上下動する主な原因は、アドレス時の前傾角度がインパクトの時に変わってしまうこと、同じくアドレス時で作ったひざの角度が伸びてしまうことがその主な原因といえます。

ですから、体が上下動する人の場合修正をするのであれば、この2点を重点的にチェックするといいでしょう。人に見てもらうか、ビデオに撮るなどして何処がどのようになっているのかを確認し、次に修正していくといいでしょう。体の上下動を修正する方法としては、アドレス時の前傾角、ひざの角度を保ちながらスイング練習をすることが一番の方法ですが、この角度を保ったままフルスイングは当然できません。ですから、正しいアドレスを取ったらハーフスイングもしくはスリークォーターのスイングで上下動のチェックをするといいでしょう。実際のスイングではインパクトからフォローにかけては自然と伸び上がっていくのが自然ですから、まずはフルスイングをするのではなく、ハーフショット、スリークォーターショットといった打ち方で修正していくといいと思います。