練習場で練習をしていると、フェースのヒール寄りで球を捉えている時がしばしばあります。今回はヒール寄りでインパクトしてしまう場合について説明したいと思います。まず第一に考えられる原因としては、球の位置が右サイドにあるということです。ダウンスイングではクラブフェースが開いた状態から降りてきますから、球が通常よりも右サイドにあるとフェースのヒール寄りで球を捉えることになってしまいます。次に考えられることとしては、ダウンからインパクトまでの間、上体が球の方へ突っ込んでいくケースもヒール寄りで球を打ってしまう原因といえます。

これは、アドレスした時とインパクトの時で、目と球の距離が近くなってしまうことからです。こうした状況にならないためには、球の位置を正しい左足かかと内側線上にセットし、スイングは背骨を中心とした軸を意識したスイングをするようにすれば解消されます。具体的に確認する方法としては、感圧紙をフェース面に貼り付け実際に球を捉えたポイントを目で確認してみる方法があります。それでも尚、ヒール寄りで球を捉えているようであれば、アドレスした際に球の位置を1個分遠くしてみるとか、球半個分更に左足寄りにしてみるなど、自分の感覚の中で微調整をしてみるといいでしょう。いずれにしても基本は左足かかと内側線上に球をセットし、体の軸を中心に回転運動で球を捉えるように意識して練習すればこの問題は間違いなく解消されます。