競技会に参加して実力の半分も出せずに終わってしまったとか、いつものゴルフ自分のゴルフができなかった、という話を聞くことがあります。今回は競技会でスコアを作っていく方法について説明したいと思います。例えどのレベルであっても競技会というと、独特の雰囲気があって緊張するものです。実力が発揮できないというのは、そうした雰囲気に呑まれてしまったり、過度な緊張をしてしまって体が思うように動かないというところに原因があるのです。ですから、競技会に出て良いスコアを出したいというのであれば、普段からそうした雰囲気や緊張を練習しておくことにつきます。

具体的な例を挙げて説明しますと、グリーン上でのショートパットが残った際、OKを出してパットをしない人はいませんか。こうした短いパッティングであっても、試合を想定して最後までカップインするようにしてみてください。神経の使い方というか、いい加減なパッティングはできないようになります。あとショットの場合ですが、普段から1番手短いクラブで打っていくようにするといいでしょう。ティーショットであればいやらしいホールにきたらドライバーをスプーンに変えてフェアウェイをキープするとか、アイアンの場合であればピンの手前に外すようなショットをするということです。グリーンのサイドや奥は、どうしても障害が大きく罠にはまると挽回が不可能なミスを犯してしまいやすくなりますから、手前から硬く攻めていくようなゴルフを身につけるといいでしょう。まずは自分の意識を競技会用に変えることが何より大切ですね。