ゴルフスイングの中で、度々切返しという言葉を耳にします。今回は、ダウンスイングにおける切返しはどの時点か、ということについて説明したいと思います。ゴルフスイングの中で切返しとは、バックスイングが完了しダウンスイングに入る一瞬の間のことを指します。ですから時間で言えばごく僅かな一瞬のこととなります。スイング中で表現をすれば、バックスイングで上昇していったクラブが一瞬止まったように感じた時といえるでしょう。

もっと詳細に説明すると、バックスイングで上体が徐々に捻られていく中、下半身がダウンスイングへと動き出すその瞬間ともいえます。実際に言葉にするとこうした表現にありますが、スイング中においてはごく僅かな一瞬ですから、その切返しを意識してスイングをするということはあまりありません。しかし、プロの場合でも体調が悪かったり調子が悪いときなどは、切返しがうまくできず上体と下半身が一緒に動き出すような、切返しが明確にならないようなスイングやショットをしてしまう時があります。アマチュアの皆さんの場合、何気ない素振りをしているときは非常にいいタイミングでしかも適度な切返しの間を持ったスイングをしています。とにかく、ゆっくりそしてリズムやスイングのテンポよくクラブを振るようにしてみることです。具体的な練習方法としては、2、3本のクラブを持ってゆっくりスイングをしてみてください。重い物を振ってみると、腕とクラブは上体を捻りながら上昇を続けるのに対して、下半身はダウンスイングのために踏み込んでいくような感覚が理解できると思います。その一瞬の間が切返しですから、こうした素振りの練習をしてみることで切返しのポイントを理解できると思います。まずは思い物をゆっくり大きく振ってみることです。