気温の高くなる中ゴルフをプレーする場合、様々な点について注意をしなければなりません。今回は暑い日にゴルフをする場合の注意点について説明したいと思います。暑い日にゴルフをする場合、注意しなければならないことが体力の維持です。体力がなくなれば気力や集中力が途切れてしまうことは間違いありません。ですからまず第一には体力を消耗しないよう注意しなければなりません。そのためには、当日の体調管理だけに気を配るのではなく、前日から体調の維持に努めてください。

また、当日については傍らに水を置き、常にのどを潤していなはければなりません。途中で喉が渇いたという自覚症状が出てくるときには既に水分が不足している状況です。そうした体調面に注意を払う他に、プレー面ではやはりグリップが滑ってしまいかちですから、グリップの滑りには最新の注意を払う必要があります。また暑さから、スイングもだらけてしまいますから、むしろクラブを短めに持ちシャープなスイングを心がける必要があるでしょう。とかく体が動くようになると、スイングも知らず知らずのうちに大きくなり雑なスイングになりがちです。まずは体調の管理に十分勤め、水分を絶えず補給して気力と集中力を維持しながらプレーすることを心がけてください。だらけた気持ちになってしまうと、スコアが崩れてしまうことは勿論ですが、思わぬところで怪我をしてしまうということにもなりかねません。適度に集中しながらプレーするよう心がけてください。