プロのスイングを見ると大多数のプロがフォロースルーを大きく取っています。今回は、ゴルフスイングはフォロースルーを大きく取るといいのか、また球は飛ぶのか、ということについて説明したいと思います。プロのスイングはみんなきれいなスイングをしています。それは正しい軌道をクラブが通り、体のパワーを最大限にしかも無駄なく球に伝えている証拠でもあります。つまり、正しいトップ、正しいダウンスイングをして自分の体のパワーを十分に発揮すれば、自然とフォロースルーは大きくなり球は飛んでいくのです。

その逆に、取って付けたように無理やりフォロースルーだけを大きくしても、スイングのスピード自体が早くなっているわけではありませんから、飛距離が出るということはありません。プロの場合、フォロースルーばかりに目が行ってしまいがちですが、実は正しいトップ、正しいダウンスイングができた上での大きなフォロースルーなのです。プロはフォロースルーを小さく抑え調節して球筋をコントロールするようなこともしていますから、スイング中特にフォローを強くイメージしているということはありません。むしろアマチュアの方がフォロースルーに対して特別な意識を持っているのではないでしょうか。また、アマチュアにフォローを意識させてしまうと、スイングがすくい打ちになってしまい、球に対してクラブが下から入ってしまうケースも多々あります。あくまでも自然なゴルフスイングを心がけ、腕だけを早くするのではなく体の回転運動も早くさせるよう意識してみてください。そうすれば自然とフォロースルーも大きくなり球も飛ぶようになると思います。