プロのスイングを見ると、いつもスイングのテンポ、そしてリズムは一定です。それに対してアマチュの場合は、球を打つまでのテンポがある時は早かったりまたは遅かったり、そしてリズムも早かったり遅かったりとまちまちのケースが見受けられます。今回は、スイングにおけるテンポとリズムの重要性について説明したいと思います。ゴルフのスイングにおいてリズムが早い人というのは、普段の生活においてもリズムが早い人のように思われます。例えば普段歩くスピードが早い人であれば、スイングにおいてもクラブを動かす始動部分が早かったりするケースがあるようです。また球を打つまでのテンポはゆっくりしていても、構えてから球を打つまでが極端に早かったりする場合などです。

こうしたテンポやリズムがばらばらでは、なかなかナイスショットを望むことはできません。スイング中においてリズム、テンポがしっかりとしているように見える場合とは、バックスイングから切り返しまでの部分がゆったりとしていたり、またスイングの全体が早くても切り返しの部分がうまくリズムよく振れている場合などは、リズム、そしてテンポのいいスイングに映ります。ですから一概に、ゆっくりと振ることが全ていいこととは言い切れません。スイング中、特にバックスイングから切り返しの部分を意識してスイングしてみると、いいリズム、テンポになるでしょう。プロの場合もゆっくりとしたスイングでクラブを振る人、またその逆に早いテンポでクラブを振る人というように千差万別です。それぞれ自分自身でスイングを作り上げているのです。切り返しの部分を特に注意してスイングをしてみてください。