アプローチは手前からがセオリーだということを耳にします。今回はグリーン奥からのアプローチの注意点について説明したいと思います。グリーンの手前にハザードなどがある場合、大きめのクラブでグリーンオンを狙うケースがしばしばあります。そうした場合、グリーンにきちんと乗ればいいのですが、番手や風の計算を誤りグリーン奥にはずしてしまうことが時々あります。そうした場合考えられる状況としては、グリーン手前方向が下がっているということ、その逆にグリーン奥側はグリーン手前よりも高くなっているために、球をグリーン外にオーバーさせてしまうと一度打ち上げてグリーンに球をオンさせ、それからグリーン手前方向に下っていくという、非常に難易度の高いアプローチが要求されるということです。

グリーンの奥に球を外した場合、グリーン周りの芝生が逆目になっているケースがほとんどで、球のライも浮いているケースや沈んでいるケースがあるように、クラブの抜け具合も様々ですから、ピンに寄せるための距離感が相当に難しくなってしまいます。球をグリーン奥に外した場合には、アプローチで寄せて1パットは大変困難になってきます。グリーンの奥に外した場合には1ペナルティを払ったと思い、そこから3回でホールアウトできるよう、考え方を切り替えたらいいと思います。こうしたことを考えると、グリーン手前にハザード等がある場合には、奥まで外すことのないよう細心の注意を払い慎重な判断をしていく必要があるでしょう。