現在、多くのプロのグリップはストロンググリップになっています。今回はこのグリップについて説明してみたいと思います。現在の流行は確かにストロンググリップと言えるでしょう。但しこのストロンググリップも、極端なものではなく若干左手が被さるグリップが主流になっているようです。このようにグリップが変化してできた大きな理由は、昔のクラブのように重くてフェースがかえりにくく、しかも飛距離の出ないクラブでは、クラブフェースをオープン気味にしておいてスクエアグリップもしくはウィークグリップの状態から、スイングの中においてクラブフェースをかえすような動きを入れ、球を捉えて距離を出していたのです。

しかし、現在のクラブでは昔のような難しいクラブではなく、比較的易しいクラブがほとんどですから、スイングの中においても、こうしたフェースをかえすような動きや、飛距離を出すような動きは必要がなくなってきています。そうしたクラブの変化が現在のスイング、そしてグリップにも変化をもたらしてきているのです。今のクラブで一番フェースをスクエアに保ちやすいスイングができるグリップが、結果的にフックグリップと言えるのでしょう。今のクラブは強く振っても球は大きく曲がることはなくなってきました。しかも飛距離も昔以上に出るようになってきています。そうしたことを考えてみると、フックグリップにクラブを握り、体の回転と共にフェースをかえさずに打つ方法が今のスイングになってきたようです。但し、あまりに極端にフックフェースにグリップするということは体の回転や球へのクラブの入り方など、またアプローチの感覚といったそれまでの自分のスイングと感覚が異なるでしょうから、徐々にグリップを見直していき、自分の合うグリップを見つけていくといいでしょう。