パッティングの打ち方とは、クラブヘッドを真っ直ぐ引いて真っ直ぐに打ち出す、ということをよく耳にします。今回はパッティングのテークバックでクラブヘッドを真っ直ぐに引く方法について説明したいと思います。緊張した場面や微妙な距離のショートパットの際には、スムーズにパターヘッドが引けなかったり、ブレてしまい真っ直ぐに引けなかったという経験をしたことはありませんか。この場合考えられることとしては、手先に意識が集中し過ぎていることが挙げられます。球を打つフィーリングというのは手や指先の感覚が大切ですが、クラブ全体の動作の中では手先に意識が集中してしまっていると、このようにクラブがブレてしまうことがあります。

こうしたクラブのブレを防ぐ方法としては、手ではなく肩や腕でクラブを引くような練習をするといいと思います。例えば鉛筆で真っ直ぐの線を書こうとする場合、手や指先で真っ直ぐに書こうとしてもなかなか真っ直ぐにはなりませんが、腕や体全体で書くと案外容易に書けるものです。このように、安定したストローク、ブレのないストロークを実現させようとするのであれば、肩や腕といった大きな筋肉を使う打ち方をするといいと思います。アドレスしてから、まず初めに手首だけでテークバック、次に腕だけでテークバック、そして次に肩だけでテークバックとそれぞれ試してみて、自分がどれが一番安定してバックスイングができるかを決めるといいと思います。また、ヘッドの思いクラブを使うというのもブレを防ぐ方法です。重いクラブであれば、一度動き出すと安定した動きになりますからブレにくくなります。このように、様々な方法でブレを防ぐ方法を検討してみてください。