ショートアイアンでは上手く打てるものの、ミドルアイアンからロングアイアンになるとダフってしまう、という場合について説明したいと思います。ショートアイアンは短くて扱いやすいクラブです。しかしミドルアイアン、ロングアイアンになると長くなり、当然扱いにくくなります。つまりそうしたクラブを持った時にダフってしまうという状況になる場合、一般に考えられることとしては、手先で球を打っていることが考えられます。つまりロングアイアン、ミドルアイアンは球が上がりにくいクラブですから、無意識のうちに球を上げようとして、どうしても手先を使ってしまいます。

またクラブが長くなると結果としてタイミングやリズムが狂ってしまい、ダフるというミスが出てきてしまいます。では長いクラブを使う場合ダフらないようにするにはどうしたらいいのかというと、まず始めに行うことが、短くクラブを握るということです。そしてスイングのリズムやタイミングをゆっくり取ってみるといいでしょう。また、ダフる原因としては上体の捻転が浅い場合も考えられます。回転によるスイングではなく、腕もしくは手に頼ったスイングをしてしまうと、すくい打ちになってしまい、ダフるケースが多くなります。このように、球を上げたい、距離を出したいと思うとどうしても球に意識が集中してしまい、本来のスイングができなくなってしまいます。コースにおいてどうしても長いアイアンがダフってしまうというのであれば、究極の選択としてロングアイアンは使わない、というのも方法です。ただ、これではゴルフが面白くはありませんから、普段から練習場においてミドルアイアン、ロングアイアンの練習も重ね、コースでも特別の意識を持って球を打つことのないようにしておくことが肝要です。