ショットの調子が悪かったり、スイングに悩んでいたりする場合、コースでミスショットが出たりするとスイングをいじってみたりしたくなるものです。今回はラウンド中ショットの修正はした方がいいのか、それともしない方がいいのか、ということについて説明したいと思います。アマチュアの皆さんの場合、結論から先に言うとラウンド中のスイングの修正はしない方がいいと思います。ではなぜアマチュアの皆さんは修正をしない方がいいのかというと、ミスショットになってしまった時、そのミスの内容、そしてミスに至った原因を正確に分析して、自分自身で処方できないからです。

例えばスライスでミスをしてしまった時、腰のキレが悪くてスライスになったのか、腕の振り遅れでスライスになったのか、またはフェースが開いてスライスになったのか、その原因を正しく分析できていないのです。さらに、自己流の処方でその場を取り繕うために、正しい対処ではなかったりすると、とんでもないミスを招いてしまうことにもつながってしまうのです。これがプロの場合だと、自分の築いてきたスイングは自分が一番よく分かっていますから、例えミスを犯してしまっても自分で分析し、そして正しい処方をしますから、プレー中であっても若干の微調整で修正ができてしまうのです。アマチュアの皆さんは、プロのように自分でスイングを直そうとしてもなかなか簡単にできるものではありません。その日の調子でスライスが出てしまうのであれば、そのスライスを活用したコースマネジメントを行い、無理の無いスイングに徹してプレーに臨むといいと思います。