アマチュアの皆さんは、ショットの練習をしていると、テークバックがどこに上がったとか、トップが高いとか低いとか、バックスイングの捻転が浅いとか深いとか、互いにチェックをしながら練習している人を見かけます。今回は理想のトップの位置について説明したいと思います。男子プロのスイングや女子プロのスイングを見ても、それぞれトップの位置は異なります。トッププレーヤーにしてこうした状況ですから、指導教本で教える理想のトップはあるものの、プロはそれぞれ応用して自分のスイングの中に取り込んでいます。ですから位置や形から入るのではなく、自分の体に応じた捻転が作り上げられる位置が、その人の正しいトップといえます。

つまり、肩と腰の捻転の差が一番大きくなった位置が相応しいトップの位置となります。アマチュアの皆さんの中には、とかく腕の上げ下げだけでトップの位置を作っている人を見かけますが、これではゴルフに必要な捻れは生まれません。テークバックやトップというように、形から意識をするのではなく、アドレスの楽な状態から少しずつ体が捻られる感覚を身につけ、ねじ切れる少し手前くらいが理想のトップと理解してください。ゴルフのスイングはテークバックからフィニッシュまで、淀みないスイングでなければなりません。トップという部分だけを取り上げることはせずに、スイング全体の中でトップを考えてみるといいでしょう。