飛距離アップを達成する場合、ヘッドスピードを早くする方法があります。今回はヘッドスピードを早くする方法について説明したいと思います。スイング中のヘッドスピードを早める具体的は方法としては、体力アップ、そして筋力アップを計る方法があります。腹筋や背筋、下半身を鍛えるなどしていけば、スイング全体の力感が出てきて、スイングスピードも徐々に上がってきます。しかし、アマチュアの人が普段の生活の中でヘッドスピードを上げていく方法はなかなか容易ではありません。では、どのようにしていったらいいかというと、クラブのヘッド側を手に持ち、グリップ側をヘッドに見立て、つまりクラブを逆さかまに持ってスイングしてみるのです。

そうするとクラブを普段よりも早く振れる感覚が掴めてくるようになります。つまり腕や体が、いつも以上に早いクラブの動きに慣れてくるようになるのです。クラブを逆さまにもった状態の素振りを何度か続けていくと、自然とクラブの立て回転と体の横回転の動きがスピーディにできるようになってくるのです。あとはクラブを持ち替えそのスイングを意識しながら球を打ち、クラブとのミート率をあげる練習を重ねることです。また、今現在使っているクラブをもう少々シャフトを長くする、というのも方法です。シャフトが長くなることは、計算上飛距離は必ずアップします。いずれの場合でも、体の軸を中心とした回転運動と共に正しい体重移動、そして正しいスイングプレーンが守られなければ、効果は半減します。基本に忠実なスイングを心がけ、その上でヘッドスピードを上げる練習を積むようにしましょう。