コースでプレーすると、様々なショットを要求される場合があります。フック、スライスなどもそうですが、今回は高い球、低い球の打ち分け方法について説明したいと思います。まず誰もが簡単にできるショットとしては、高い球を打つときはロフトのあるクラブを、低い球を打つときにはロフトの無いクラブを選択して打つのが、手っ取り早くできる高低の打ち分け方法です。ではクラブの番手をあまり変えずに、球の高低の打ち分けをする方法ですが、まず初めに低い球を打つ方法について説明します。低い球を打ちたい場合には、球の位置は体の内側へとセットします。目標を低い位置に捉えることで、自然と左肩が下がり低い球を打つ体勢が出来上がります。

実際のスイングも、フルショットではなくスリークォーターに押さえ、フィニッシュを低い位置に収めるようにスイングします。このようにスイングすることで、低い球が打てるようになってきます。次に高い球を打つ方法ですが、球の位置は左かかと内側線上に置き、アドレスをとったら若干右足に体重をかけ、目標を高い位置に捉えるようにします。すると左肩が自然と上がり、高い球を打つ準備が出来上がります。あとはフィニッシュを高い位置に持っていくように意識すれば、高い球が打てるようになってきます。一通り高い球、低い球を打ち分ける方法について説明しましたが、こうした打ち方をすることで、劇的に球の高さが変わるということはありません。あくまでも手にしたクラブのロフトに準じた高さになりますので、無理やりに高い球、低い球を打とうとすると、ミスショットにもつながりかねませんので、注意してください。