これまで様々なライからの打ち方については説明してきましたが、今回は左足下がりからの打ち方について説明したいと思います。コースに出ると普段練習場とは違い様々なライからショットしなければなりません。特に地面にある球を打っていくゴルフでは、左足下がりからの状態で球を打って上げていくことは大変難しいことといえます。この左足下がりのライからの打ち方としては、二つの打ち方があります。一つは斜面に逆らって重力と同様に構えて打つ方法と、もう一つは斜面に対して平行に構えて打っていく方法です。前者の打ち方は、テークバックでは早めのコックを行いアップライトにクラブを上げて、球に対して鋭角な入射角になるようスイングの準備をします。

そして球の手前を何度か素振りして、クラブの最低点を確認したあと、球を打ってください。球は右方向に飛びやすくなりますから、あらかじめ左方向を狙って打っていく必要があります。この打ち方のメリットとしては、左足下がりという状態の中、一定のキャリーが出せるということです。ミドルアイアンからショートアイアンにかけてグリーンを狙うショットの時などは、この打ち方は大変有効です。一方、後者の打ち方ですが、若干球を右足方向に寄せ、コックを使いアップライトに打っていくことはほとんど変わりません。球も同じく右方向に飛びやすくなりますから、あらかじめ左方向を向いておくことも変わりません。但し、飛んで行く球はキャリーの少ないライナー性の球となります。この打ち方のメリットとしては、ある程度の飛距離を得ることができます。このように、左足下がりからの打ち方でも、その目的によって打ち方は変わってきます。いずれの打ち方も、アドレスのバランス、コンパクトなスイングは重要になってきます。そうしたことを注意しながら状況を正しく判断して一番合ったスイングを心がけてください。