力を入れようとする場合状態が前にのめらない人は引くことが多い手を伸ばしたり手を引く力がある方は力が入るのでそのような状況になりやすい。芯で打つ為の練習法は人間の腕は通常でもだらん垂らした状態だとすれば少しひじが曲がっていることが多い。普通に重いクラブを振れば伸びる。ところが力が入り球を打つ意識も掛かることは腕の先を伸ばすより引く方が力が入りやすい状況になる。2〜3割り脱力した感じでスイングをしてみると良い。

例えばクラブを2〜3本重い状況で振った場合遠心力でクラブヘッドに引っ張られる腕の力がある。軽いクラブで感じ取れないといけないそれを感じないのは力が入っていると考えても良い。
歩いている意識で腕を振る感覚をゴルフのクラブは長いのでスピードが出るため自然と極端に飛距離が落ちることは無いのでほんの少し意識して力を入れれば距離は出ます。